耳が痛む、耳が聞こえにくい、耳鳴り、耳だれ、耳垢、めまいなどの症状が現れましたら、早めにご受診ください。

耳にまつわる症状はそれほど多くありませんが、症状を起こす病気はたくさんあります。
ここでは、代表的な耳の病気についてご説明いたします。

中耳炎

中耳炎には主に急性中耳炎、滲出性(しんしゅつせい)中耳炎、および慢性中耳炎の三種類があります。

急性中耳炎

最も一般的な中耳炎で、中耳(耳の鼓膜から奥の部分)に細菌やウイルスが入り込み、急性の炎症が生じて膿が溜まります。

症状
ズキズキする激しい耳の痛み、発熱、耳だれ(耳漏)、耳がつまった感じ、などがあります。乳児などでは痛みを訴えられないために、機嫌が悪くなってぐずったり、しきりと耳に手をやったりします。
検査
耳鼻咽喉科医が鼓膜を見て、鼓膜が赤かったり、腫れていたりすることを確認します。また鼓膜が、その奥の中耳に膿が溜まって、膨れているのが観察できることもあります。
治療
軽症の場合は抗生物質や消炎剤などの服用や、炎症をやわらげる薬液を耳にたらすことで治療します。膿が溜まって鼓膜の腫れがひどく、痛みが強いときや、熱が高いときは鼓膜を少しだけ切開して、溜まっている膿を排出すると、早く治ります。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥の中耳腔(鼓膜の内側にある空間部位で、耳小骨が収まっている)に滲出液という液体が溜まる病気です。

症状
難聴が唯一の症状であることも多く、難聴の程度も軽い場合が多いので、気づくのが遅くなってしまうことも少なくありません。
検査
鼓膜を観察すれば、ほぼ診断がつきますが、治療方針の決定のためには、聴力検査、ティンパノメトリー(鼓膜の動きやすさを調べる検査)、内視鏡検査などが必要です。
治療
中耳に溜まっている滲出液を無くして聞こえを良くする治療と、耳に悪い影響を与えている鼻やのどの病気に対する治療を並行して行います。

慢性中耳炎

慢性中耳炎には二つのタイプがあります。
一つは慢性化膿性中耳炎と呼ばれるもので、急性中耳炎が治らずに、鼓膜に穴が開いたままになり、耳だれ(耳漏)を繰り返します。
もう一つは真珠腫性中耳炎と呼ばれ、周囲の骨を壊しながら進行します。

症状
耳だれ(耳漏)を繰り返します。真珠腫性中耳炎では、ときには三半規管を壊してめまいを招いたり、顔面神経麻痺を起こしたり、最悪の場合には髄膜炎(脳および脊髄を覆う保護膜に炎症が生じた状態)になってしまうこともあります。
検査
鼓膜の状態の視診、細菌検査などで診断します。
治療
基本的には急性中耳炎と同じです。薬を飲んだり耳の処置をすることによって耳だれは止まりますが、鼓膜に穴があいているため、耳に水が入ったり、風邪をひいたりすると耳だれを繰り返します。再発防止のためには、鼓膜の穴を塞ぐ手術が必要になります。真珠腫性中耳炎を完全に治すためには、ほとんどの場合に手術を要します。

外耳炎

外耳炎とは、耳介(外側に出ている耳)と鼓膜までの外耳道を合わせた外耳(言わば、耳と耳の穴)に、炎症が生じる病気のことです。

症状
外耳炎の症状には、強い耳の痛みと痒みが挙げられます。症状が進行すると強い臭いを伴う黄色、または白色の耳だれが出るようになります。外耳道が炎症によって腫れ上がる「びまん性外耳炎」が起こると聴力の低下を招くため、中耳炎と取り違えられることが、しばしばあります。また、耳におできが発生する「限局性外耳炎」は、おできが破れると膿と血液が出ることもあります。
検査
特別な検査をしなくても症状から診断ができます。原因が細菌なのか、真菌なのかで治療法が変わってきたりしますので、耳だれの細菌培養検査などをする場合もあります。
治療
脱脂綿や吸引機などを使って軽く耳掃除を行って清潔にしてから、局所への点耳薬投与、軟膏塗布などを行います。びまん性外耳炎は耳を清潔にした上で、抗生物質の塗布と投与を一週間ほど行います。限局性外耳炎では、おできを切開して膿を出し、抗生物質を塗布します。痛みが激しい場合は、鎮痛剤を投与します。

めまい

めまいの起こる原因

私たちの体は、目、耳、筋肉などからの情報を脳で統合し、全身のバランスを保っています。この統合システムのどこかに異常が起きると、平衡バランスが崩れ、めまい(または、ふらつき)を感じることになります。
さて、こうしためまいの原因と言うと、どんな病気が思い浮かぶでしょうか。脳出血、脳梗塞、脳腫瘍などの脳疾患とか、貧血とか、または高血圧・低血圧など血圧の変動を考えられるのではないでしょうか。
しかし、実際には耳自体に原因があって起こるめまいが多いことは、意外と知られていないようです。
そのために患者さんの多くはまず内科や脳外科、神経内科を訪れ、脳および内科的に異常が無いということで、耳鼻咽喉科へ紹介されることがよくあります。
耳鼻咽喉科にはめまいを主として扱う神経耳科という分野があり、脳疾患とか循環器疾患を含め、めまいを起こす病気の原因や程度を総合的に診断します。
ところで、めまいはどうして起こるのでしょうか。
人間は自分の周囲の空間や位置を目、内耳(半規管・耳石)および手足の関節などで感知し、その情報が脳に伝えられ、そこで統合され、体のバランス(平衡覚)を微妙にコントロールしています。このいずれかの具合が悪くなると、平衡障害やめまいを感じるわけです。
めまいを起こす病気には、いろいろなものがあります。

めまいを起こす主な病気

良性発作性頭位めまい症
当院を「めまい」で受診なさる患者様で一番多くみられる疾患です。
これは、特定の頭の位置の変化(例えば寝返りを打った時、頭を洗うために下を向いた時、ベッドから起き上がった時など)により出現するめまいです。
ぐるぐる目が回る感覚が強いため、恐怖感や不安感、吐き気を伴ったりしますが、聴覚トラブルはありません。
耳を原因とするめまいの中で最も発症数が多く、しかし比較的治りやすい疾患です。
内耳にある耳石器(じせきき:頭や体の傾き具合を感知する器官)の耳石(炭酸カルシウムの結晶からなる組織)が剥がれ、三半規管の中に入り込んでしまうことで発症すると考えられています。
メニエール病
メニエール病は、めまいを起こす病気の代表ですが、下記のような特徴的な症状を呈します。めまいの発作時に片側の耳鳴り、難聴が一緒に起こり、めまいが消える頃にはそれらの症状も軽快、消失します。
厄介なことに、この病気は発作を繰り返し、やがて耳鳴りや高度の難聴が残ることがあります。発作の無い時は、無症状となります。
内耳の内リンパ水腫という、内耳の内リンパ液圧の上昇が原因とされています。稀ながら、両側にメニエール病が発症することもあります。
突発性難聴
メニエール病によく似ていますが、発作はただの1回であることや、めまいが治まっても耳鳴りや難聴が残ってしまう点が異なります。
この病気の原因は「聞こえ」の神経のウイルス感染とか、内耳の血管の血栓(血のかたまり)などが考えられています。
メニエール病と同様、両方の耳に発症することは稀です。早期に治療を開始すれば聴力回復の可能性が高いので、早期の治療が大切なのは、前述の通りです。
慢性中耳炎によるめまい
慢性化膿性中耳炎とか、真珠腫中耳炎が内耳にまで及ぶと内耳炎を併発し、めまいを引き起こします。
聴神経腫瘍
片側の耳鳴り、難聴が徐々に悪化し、ふらつき、頭痛、顔が曲がるなどして(顔面神経麻痺)、初めて診断されるケースが少なからず見受けられます。
精密な聴力検査やめまい検査、耳のレントゲン検査やCTスキャン、MRIを行うことによって、早期診断がつきます。
脳循環障害(椎骨脳底動脈循環不全症)
脳の血流が不足して、めまいに関係する小脳、脳幹の機能が悪くなって起こります。めまいのほかに、舌がもつれる、物が二重に見える、手足がしびれるなどの症状が起こることもあります。激しい頭痛や意識不明などがあると、脳出血が疑われます。
そのほかに、脳腫瘍、頭部外傷、薬物による内耳障害、起立性調節障害、過呼吸症候群、心因などが原因となって起こるめまいもあります。

めまいの検査

めまいの診療の流れについて、簡略に触れておきます。

1. 問診

患者さんの訴え、お話を注意深く聞くことはたいへん重要であり、これによって診断がついてしまうことも少なくありません。
いつ(上を向いた時、横になった時、歩いている時、など)、どのようなめまいが起こり(ぐるぐる回った、ふわふわした、など)、どのように経過したか(数分で治まった、数日間もぐるぐる回った、など)、および他の症状(耳鳴り、難聴、頭痛、体のしびれや麻痺、物が二重に見えた、など)等について、できるだけ詳しくお聞かせください。

2. 検査

【聴覚検査(きこえ)】
聴力に対する専門的な検査です。

  • 聴力検査

【平衡機能検査(めまい)】
めまいに関する専門的な検査です。

  • 立ち直り反射
  • 眼振検査

CT、MRIが必要な場合は、連携病院に撮影を依頼します。

【めまいの原因を調べる検査】
片方ずつお湯または水を外耳道に送り込むことによる検査で、前庭から中枢にかけての体の平衡感覚の機能の判定に用います。

めまいの治療

まず、めまいの誘発要因を取り除くことが必要となります。ストレス、過労、感冒、アレルギー体質、低血圧などがあります。めまいの発作中は、しばらく安静にします。強い頭痛や意識の消失が無い限り、命には別状の無いことが多いので、まずは慌てずに気を落ち着かせ、楽な姿勢をとりましょう。
めまいが治まったら、早めに専門医を受診してください。内服薬(抗めまい薬、循環改善薬、浸透圧利尿剤など)で再発作の防止に努めます。
めまいで手術的治療が必要となる病気は、メニエール病、外リンパ瘻(ろう)、聴神経腫瘍などがあります。
特に、メニエール病ではめまい発作が長期にわたって頻繁に起こり、聴力が元に戻ること無く悪化し、内服薬による治療が効果の無い症例や、両側にわたるメニエール病では、手術(内リンパ嚢開放術)を検討します。
なお治療にあたっては、必要に応じて、脳神経外科や神経内科、整形外科などを紹介する場合もあります。

耳鳴り

耳鳴りがどうして起こるのかは、今もってよくわからないのが実状です。
耳鳴りを訴える人の多くは、何らかの聴力障害を持っている方が多いのですが、検査上は正常でも耳鳴りを訴える場合があります。
聴覚系の異常が、外耳、中耳、内耳、聴神経、中枢神経のいずれの部位であっても耳鳴りを起こします。
また、過労やストレス、心因的要因によっても耳鳴りは強くなったり、弱くなったりします。

症状
周囲に音がしていないのに、音がしているように感じます。音の種類は「キーン」「ピー」「ジー」などなど、千差万別です。
検査
耳鳴りの検査には一般的な耳鼻咽喉科検査、聴力検査を用いた客観的な耳鳴り検査などがあり、こうした検査から耳鳴りの原因になった病気やその性質を明らかにします。
治療
耳鳴りの主な治療には、原因療法、耳鳴りの抑圧療法、そして心理療法があります。
原因療法は、耳鳴りの原因がはっきりしている時に行います。中耳炎が原因なら中耳炎の治療を、メニエール病や突発性難聴が原因なら、それぞれの治療を行います。しかし、耳鳴りの原因を治せば耳鳴りが完全に消えるかと言うと、必ずしもそうとは言い切れません。

難聴

難聴とは聴覚が低下した状態のことで、突発性難聴、騒音性難聴などがあります。耳鳴りを伴うこともあります。

突発性難聴

ある時、突然に耳が聞こえなくなる病気です(通常片側)。突発性難聴の原因はまだわかっておらず、急激に発症する感音難聴のうち、原因不明のものを突発性難聴と呼んでいます。

症状
突然に耳が聞こえなくなる(高度の難聴)と同時に、耳鳴りや耳がつまった感じ、めまいや吐きけを生じることもあります。
検査
純音聴力検査が必要です。場合により、平衡機能検査も必要になります。
治療
急性期の治療として最も重要なのは安静です。突発性難聴の発症前に精神的・肉体的疲労感やストレスを感じていることが多く、心身ともに安静にして、ストレスを解消することが肝心です。難聴の程度によっては、入院治療が望ましいケースもあります。
突発性難聴については、いろいろな治療法が検討されていますが、どのような治療法が最も有効なのかは明らかにされていません。厚生労働省の研究班で、突発性難聴に対するさまざまな薬剤の有効性が調査されましたが、どの薬剤が有効かの結論は出ませんでした。したがって現時点では、発症時の状況や臨床所見、既往歴などを総合的に判断し、治療法を決定しています。

騒音性難聴

騒音下での職業など、長期間騒音に曝されているうちに、徐々に進行する難聴を騒音性難聴と言います。爆発音やロックコンサートの演奏など、強大な音のために急性に起こる難聴は音響外傷です。

症状
多くの場合、難聴に加えて耳鳴りを伴います。
検査
難聴の程度を調べるために純音聴力検査が必要となります。病気の初期には、4,000Hz(ヘルツ)に特徴的なC5dipと呼ばれる聴力低下像がみられ、比較的容易に診断できます。また騒音下作業の職歴の有無が、騒音性難聴の診断には極めて有用です。
治療
急性に起こった音響外傷では、ステロイドが有効です。長期間の音響被ばくで生じた騒音性難聴では、ダメージを受けた有毛細胞を元に戻すことは、現在の医療では不可能です。将来に向けて難聴の進行を避けるためには、遮音性の耳栓を使用する、長時間の音響被ばくを避ける、ときどき耳を休ませる、規則正しい睡眠や適度な運動を心がける、などが大切です。また、定期的に聴力検査を受けて難聴が進行していないかどうかを確認することも必要です。

耳垢(耳あか)

耳垢とは、空気中のほこり、皮膚の残骸、および外耳道の耳垢腺というところから出る分泌物などが混ざり合ったものです。

症状
外耳道に耳垢がつまった状態を耳垢栓塞と言い、耳の閉塞感、難聴、耳鳴りなどを起こしたりします。
検査
耳垢を除去しても聞こえが悪い場合には、聴力検査を行うこともあります。
治療
耳の中を顕微鏡で見ながら、鉗子(かんし)や異物鉤(いぶつこう)、吸引管などを駆使して、丁寧に耳垢を取り除きます。耳垢が堅くなってなかなか取れない時には、耳浴を行って柔らかくしてから取ることもあります。痛みが強かったり、頑固でなかなか取れないような場合は、2~3回に分けて除去することもあります。

補聴器

聴力は一般に30歳代を境に衰え始め、特に高音域から低下していきます。高い音が聞こえにくくなると、母音は聞き取れるものの、子音が聞き取りづらくなってきます。
例えば、「広い」と「白い」、「佐藤さん」と「加藤さん」などのような文言では、言葉の聞き間違いが起こりやすくなってきます。
補聴器を使う前に、日常の聞こえ方について改めて思い返し、まずはご自身の聴力の状態を正確に認識することが大切です。

目的
難聴者が補聴器を使う目的は、主に言葉を聞き取ることにあります。「家族や友人との会話」「仕事上のコミュニケーション」「テレビや映画を楽しむ」など、生活のさまざまな場面における言葉の聞きとり状況を改善するために、補聴器は利用されます。
補聴器の種類
補聴器と一言で言っても、いろいろな種類があります。見た目の形も違えば、価格によっても、搭載されている機能によっても違いが出てきます。また、信号処理の方式によって、アナログ補聴器とデジタル補聴器に大きく分けることもできます。
補聴器にはいろいろな種類、タイプがありますが、それぞれの特徴をよく理解して、自分の聴力や聞こえの状態、形状や付け心地の好み、予算等に合わせて、最適な補聴器を選ぶようにしましょう。
購入
補聴器は主に生活の場で使われますが、あくまでも医療機器ですから、自分に最も合った補聴器を選ぶために、補聴器相談医から販売店の紹介を受けるようにしてください。また補聴器相談医の診断に基づいて調整(フィッティング)をしてもらうことも必要です。

こんな症状の方は耳鼻咽喉科医にご相談ください

  • 耳が痛い
  • 耳が痒い
  • 耳だれが出る
  • 耳がつまった感じがする
  • 耳垢が溜まっている
  • 耳の聞こえが悪い
  • 耳鳴りがする
  • めまいがする
  • 患者の気持ち